カレーを久々時間をかけて作りました!

夏といえばやっぱりカレーだよね。いつもカレーはちょちょいのちょいって感じで適当に作るんだけど、久しぶりに時間をかけてじっくり煮込んで愛情を加えて作りました。今回作ったカレーの手間とレシピをご紹介しまするよ♪

今回カレーに手間を加えたことを紹介するよ!

カレーライス

「グロッ」とか「まずそう…」とか思った人おお間違いですよ!!笑

これはかなり手間をかけている証拠なんです!!いったいどんな手間をかけたかかなりあるので、箇条書きで書いていきますねッ!

● 今回作ったカレーに手間を加えたこと


  1. 玉ねぎを5つおろしていれた
  2. コンソメスープを作って入れた
  3. 作った後冷蔵庫で寝かした

玉ねぎをいつもより多めに5つおろしていれた

本来なら、私達家族が3人なので、玉ねぎはいつも3つなんですが、今回はいつもより2つ多い5つ入れました。

しかも、玉ねぎをただたんに、切って入れるのではなく、おろしていれました。いやぁ…かなり大変でしたよぉ。そして、手が玉ねぎ臭い…

これは、完全に1週間ぐらい玉ねぎ臭いだろうなぁ…鼻にも完全に残ってしまっているし。これなんとかならないのかいね。

私が個人的に思っていることなんですけど、玉ねぎを入れる量を増やせば増やすほどカレーはおいしくなると思います。カレーをおいしく作る秘訣は、玉ねぎにありといっても過言ではないと思いまする…個人的に思うだけかもだけど…

コンソメスープを別で作っていれた

いつもなら、水をそのまま入れて炊くのですが、コンソメスープを別で作ってコンソメスープでカレーを作りました。

後からコンソメの元を入れたらいい話だけど、今回は別でベーコンのだし、コンソメスープの元、玉ねぎなどを入れて、ことこと煮込んだコンソメスープを出汁にしました。

めんどーだけど、カレーにコンソメいれないって人は騙されたと思っていれてみてください。おいしいから!!

作って冷えたら冷蔵庫で寝かす

カレーは二日目がおいしいってよく言いますよね?それを1日で再現したかったので、朝からカレーを作って、昼ぐらいに冷めてから、夕方まで、冷蔵庫で寝かしました。

冷蔵庫で寝かすことによって、1日で2日目の味が出るって技です。実際のところは、あんまり味の変化はありませんが、気持ちの問題。いつもなら絶対にこういっためんどくさいことはしないけおどね。

やっぱり手間をかけたカレーはおいしい

いつもより、かなり力を入れたカレーはやっぱりおいしいですね。パパも8歳の娘もめっちゃ喜んで食べていました。

でもこれだけは言っておきました。二度とこのカレーは食べれないから、ゆっくり味わって食べなさいと…

やっぱり手間をかけたカレーはおいしいけど、めんどくさいんですよ。玉ねぎするのも面倒だし…やっぱりカレーライスは適当に作るのが1番楽でおいしいんですよ!!笑

圧力鍋ほしいし、そろそろ料理器具買い替えどきかな?